ブーン系小説を書いているようです

◆iAiA/QCRIMが2chニュー速VIPに投下したブーン系小説自作品まとめとか雑記とか
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)はペルソナ能力を与えられたようです 18話

2 名前: ◆iAiA/QCRIM [] 投稿日:2009/04/22(水) 21:05:20.94 ID:MpWrVZz10
 
 その場に着いた誰もが、動けずにいた。
 状況を理解できずに、ただただ立ちつくすのみだった。
 
(;^ω^)「な……」
 
 ブーンが漏らした声で、ようやくモナーが我に返る。
 
(;´∀`)「ミセリ!」
 
ミセ;゚-゚)リ「はい!」
 
 二人が駆け寄る先は、倒れているトソンの元。
 
川;゚ -゚)「ツン 私達も」
 
ξ;゚⊿゚)ξ「う、うん!」
 
 何か手伝えないかと、二人も後に続く。
 
 これからの対策をと、誰もが考えていた。
 しかし、一瞬にしてその思考は何処かへと消え去った。
 
 驚くのも無理はない。
 三人の男と一人の女性が、境内で横たわっていたのだ。
 

4 名前: ◆iAiA/QCRIM [] 投稿日:2009/04/22(水) 21:08:48.66 ID:MpWrVZz10
 
(´・ω・`)「あの二人……」
 
(;゚∀゚)「あぁ……あの時の……」
 
 二人の呟きに、ブーンが男達を見た。
 ブーンはあの時別行動をしていたから見覚えがない。
 
 だが。
 
(;゚ω゚)「ギコさん!」
 
 三人目に視線を移すと、その顔には見覚えが。
 あの夜、ブーンとツンによくしてくれた男、ギコだった。
 
(;^ω^)「ツン!」
 
 駆け寄るもブーンにはどうすることもできない。
 すぐに回復魔法を使えるツンの名を叫んだ。
 
ξ;゚⊿゚)ξ「───! ギコさん!」
 
(;^ω^)「ツン! 頼むお!」
 
 言われずとも、ツンは即座にディアをかけていた。
 暖かく優しい光がギコの体を包み込む。
 

6 名前: ◆iAiA/QCRIM [] 投稿日:2009/04/22(水) 21:11:19.61 ID:MpWrVZz10
 
 
 
 一体なぜ、どうして、誰が。
 
 
 
 皮肉にも、一同の思考はまた、同調していた。
 
 
 
 
 
 
 
( ^ω^)はペルソナ能力を与えられたようです
 
 
 
        第18話『招待状』
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
【 2009/04/23 】 ペルソナ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。