ブーン系小説を書いているようです

◆iAiA/QCRIMが2chニュー速VIPに投下したブーン系小説自作品まとめとか雑記とか
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分の書き方シリーズ①

総合にて

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/09(木) 19:23:25.47 ID:A+xzCH0KO
心情描写むずかしいな……
人の気持ちがわからんからどう書いていいのやら

3人以上がいる中での会話むずかしい……
2人までならなんとかごまかせるけど、上手い方法ないかなぁ。

物理的な展開ばかり思い付いて、心理面が完全に置いてけぼりだ。

書きたいのに書けない。


自分が書くとしたら、ということでこれについてちょっと書こうと思います
楽に心情描写をするのならやはり地の文でしょう
特に表現のしやすい一人称、これにつきます
作品全体が三人称であっても、神視点なら心情描写はできますし、
一人称にシフトしても何の問題もありません(たまにペルソナでやってます)

各々の人物の心情をはっきりと描写するには、人物設定がポイントだと考えます
キャラクターの性格、持論、好みだとか細かな部分も設定しておくと便利です
どんな話し方をされると感情が変わるのだとか、そういうポイントが細かくわかります


例1(原文・会話)


( ^ω^)「ドクオ ソースとって」

('A`)「え? あぁ」

('A`)っ「ほら」

( ^ω^)「サンキュー」


これに地の文で描写を足すと、


例2(一人称)


食卓に並べられた朝食は、真っ白なふっくらとしたご飯。
ゆらゆらと湯気を立たせたお味噌汁に、ぷっくらと中心を盛り上がらせた、
見事な目玉焼きだった。

とてもおいしそうなのだけど、僕には一つだけ気に食わない点があった。

( ^ω^)「ドクオ ソースとって」

('A`)「え? あぁ」

僕の言葉に、ドクオは一瞬頭の上にハテナマークを浮かばせたような顔をした。
そのまま不思議そうな顔をしながらソースに手を伸ばして。

('A`)っ「ほら」

( ^ω^)「サンキュー」

僕に渡してくれた。
目玉焼きにソースは僕のポリシーなんだ。
ドクオの様子から察するに、彼は多分醤油派なのだろう。
ソースを何にかけるのか、気になっていたようだった。


例3(三人称)


食卓に並べられた朝食は、真っ白なふっくらとしたご飯。
ゆらゆらと湯気を立たせたお味噌汁に、ぷっくらと中心を盛り上がらせた、
見事な目玉焼きだった。

しかし、そんなおいしそうな朝食を目の前にしても、ブーンはなかなか箸をつけない。

( ^ω^)「ドクオ ソースとって」

('A`)「え? あぁ」

ブーンの言葉に、ドクオは不思議そうな顔をしながらソースに手を伸ばした。
首を傾げながらソースを手渡す。

('A`)っ「ほれ」

( ^ω^)「サンキュー」

ブーンは受け取ったソースを迷うことなく目玉焼きにかけた。
どうやらブーンはソース派だったようだ。

醤油派らしいドクオはブーンの行為を驚いた表情で見つめていた。


自分が書いたらこんな感じになります
ブーンの好みや、ドクオの感情が読み取れたなら成功です
こんな感じに進めていきます

次に、もう少し踏み込んだ心理描写をしてみます


例1(原文・会話)


川 ゚ -゚)「私は……ブーンが好きだ」

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ……」

川 ゚ -゚)「……そういう、ことだ」

ξ;゚⊿゚)ξ「そんな……クー……」

川 - )「……今日は帰る」

ξ;゚⊿゚)ξ「! クー! 待って!」



ξ゚⊿゚)ξ「クー……なんで……」


ξ;⊿;)ξ「私……どうしたらいいの……」


例2(一人称)

夕暮れでオレンジ色に染まった静かな教室。
そして、私の目の前で真剣な顔をして佇むクー。
小さい時から一緒だったけど、こんな顔のクーは今まで見た事がなかった。

私の体を鋭く射抜くように見つめている。

それでも。

夕日の色を映したクーの瞳は、本当に綺麗だった。


でも。


クーの言葉は。


私にとって、とても無情な言葉だった。


川 ゚ -゚)「私は……ブーンが好きだ」

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ……」

はっきりと聞こえていたのに、思わず聞き返してしまった。

信じられなかった。
信じたくなかった。

いつも一緒に三人で遊んでいた。
いつも一緒に、三人で過ごした。

いつの頃からか、私はブーンの事が好きになっていた。
それでも不器用な性格のせいで素直になれないで、クーに相談したりもしていた。

なんでも、なんでも聞いてくれた。
私の為に、親身になって聞いてくれていた。
そのクーが、ブーンの事が好きだって……

川 ゚ -゚)「……そういう、ことだ」

クーの表情は、変わらない。
いつもの綺麗なクーだった。
友達である事が誇りの、クーだった。

そんな彼女に、私は何を言っていいのかわからなかった。
考えがまとまらない。色々な事が頭の中で交錯する。

クーの視線が、痛い。

一体何を考えているんだろう。
一体何を想って、今私にあんなことを言ったのだろう。

わからない。

何もわからない。

ξ;゚⊿゚)ξ「そんな……クー……」

やっと絞り出した声は、震えていた。
ちゃんと言えたかどうかもわからない、情けない声だった。


川 - )「……今日は帰る」

少し目を伏せると、クーはすぐに教室から駆け出してしまった。


ξ;゚⊿゚)ξ「! クー! 待って!」

少し遅れて声をかけても、クーはそのまま走り去ってしまった。
後に残ったのは、私だけ。

どうすればいいか呆然と直立している、私だけ。


ξ゚⊿゚)ξ「クー……なんで……」


わからない……


ξ;⊿;)ξ「私……どうしたらいいの……」


わからないよ……クー……


続かない



心情描写はやはりそのキャラクターになり切ることが重要ですが、
なかなかに難しいことなので(自分はちょっと無理)、
先ず自分ならこの時なんて思うかを考えて、次にそれがこのキャラだったらこう変えようとか、
とりあえず自分だったらこう思う、から派生させてます

こんな友達と好きな子一緒だった展開になったことないので、自分はわかりません
だからツンはわからないという答えに到達させました
そして思考を走馬灯のように箇条書きで羅列させます
考えていることがころころと変わり、混乱している感じを表現したかったからです

くどかったらごめんなさい、自分の力量不足です

まとめると、

①俺ならこう思う、と考える
②そしてこのキャラならこうだろう、と書きかえる(ここで前述の設定が役立つ)
③それをとりあえず書いてみる


こんな感じになります
とにかく、自分の場合は自分だったらどう思うかを最初に考えるってことです



次に三人以上の会話です

ここでのポイントは『役を決める』ってことだと考えてます
役って言うのは、ボケとかツッコミみたいな役割の事です

定番ですかブーンとドクオが生徒でショボンが先生(説明)役のような感じです
一人を所謂進行役だとか、仕切り役にすると、
その一人の言葉で物語を進める区切りにもなります。
地の文無しの会話文だけなら、進行役に加え、状況説明をする地の文役なんてのがいると
かなりスムーズに行くと思います

この役割はスイッチしてもなんの問題もないので、ローテーションしていくといい感じです
ずっと馬鹿だったキャラに進行役をさせると意外性を出せたりしていいかもしれません

というのが自分のやり方です
参考になれば幸いですー
演じるの大好きだったりします

とりあえず二人称の書き方はほぼ同じです
三人称の方はおそらくペルソナさんのほうが一般的な気がします
というのも私の書き方は特殊な気がして・・・

三人称=神視点ですが、あえていうなら「その神を演じてみよう」という感じでしょうか?

キャラ達のからみを見ている田代 ←こいつならどう思うか?

例えるならこんな具合。
三人称も二人称気分で書いてみよう、ただしそいつは空気です^^
ってな感じでです。

参考になるか分かりませんが、もし参考になったなら幸いです


自己流ブーン系の書き方制覇ー\(^o^)/
【 2009/04/11 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。