ブーン系小説を書いているようです

◆iAiA/QCRIMが2chニュー速VIPに投下したブーン系小説自作品まとめとか雑記とか
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ФωФ)二人の架け橋のようですノパ⊿゚)

七月七日。

言うまでもなく、七夕である。

七夕と言えば、織姫と彦星。

そして、夜空に爛々と輝く無数の星々が織り成す、天の川。

「天の川を見たい!」

始まりは、幼馴染みのその一言だった。










(;ФωФ)「……」

ノハ;゚⊿゚)「……」

星がよく見える丘に設置されたベンチ。
そこへ腰掛けながら、吾輩と幼馴染みのヒートは空を見上げていた。
頬を流れる水滴は、汗ではなく。

ノハ;゚⊿゚)「なんで雨が降るんだぁぁぁぁぁ!」

そう。
着いた途端、突然の豪雨に襲われたのである。
幸いベンチには屋根が備え付けられており、雨は回避できている。
それでも、着く途中に土砂降りになったので、吾輩もヒートもびしょ濡れであったが。

(;ФωФ)「嘆いても仕方ないのである 天気ばかりはどうしようもな……」

ノハ;゚⊿゚)「出る前は雲なんかなかったのにいいぃぃぃぃ!」

ええい、うるさい。
子供かと突っ込もうとして、お互いまだ中学生の子供であることにはっとした。
確かに、天気予報でも今夜は雨が降らないと言っていたし、
吾輩自身癪に障る部分もあるが……

田舎町のこんな時間に、こんな場所を訪れる人もなく。
空しく二人で雨宿りをしながら、恨めしそうに空を見上げている。
その様子が、どれだけ滑稽な事だろうか……

想像するだけで、頭を抱えてしまいたくなる。

ノハ;゚⊿゚)「もー」

隣では、未だぷりぷりと怒りをあらわにしつつ、髪をハンドタオルで拭くヒート。
しかしそんな小さな布では、彼女の長い髪をカバーしきれるはずもなく。
すぐにタオルもびしょ濡れになってしまっていた。

(;ФωФ)っ■「ほら 吾輩のを使え」

ノパ⊿゚)「むー さんきゅ!」

吾輩が持っていたハンカチをヒートに渡す。
そんな物では気休め程度にしかならないだろうが、ないよりはマシだろう。
吾輩はというと、涼しくて丁度いいのでこのままで良かった。

髪はTシャツでわしゃわしゃして終わりである。

( ФωФ)「まぁ、ヒートが風邪をひいたら色々と──」

ノパ⊿゚)「ロマ? どうした?」

(*ФωФ)「いや、なんでも、なんでも、ないである、よ」

ノパ⊿゚)「えー?」

ヒートの服装は、白いTシャツにスパッツという、ものすごくラフな服装。
そして、その白いTシャツは、雨のせいで、透けていた。
水色縞々のスポーツブラらしきものが、すけすけで。

ノパ⊿゚)「どうしたんだ?」

いや、うん、近づかないでほしいのである!
目のやり場に困るのである!

ノパ⊿゚)「ロマー?」

(;ФωФ)「い、いいから! 吾輩のことは気にするな!」

……。

それにしても、いつのまにかヒートも、出るとこがで……
って、吾輩は何を言ってるのであるか!
いかん!いかんであるぞ!硬派のはずの吾輩がそんな!

大体、ヒートが無防備すぎるのがいけないのである!
そんな白いTシャツで濡れていたら、透けるに決まっているだろうに!
ベンチに備え付けられた電灯は弱々しいものの、星の明かりも手伝ってよく見え──

あれ?星?

ノハ*゚⊿゚)「うおー! 晴れたぞー!」

気がつけば。
夜の闇に浮かんだ黒い雲はどこにもなく。
空には満天の美しい星達が輝いていた。

そして特に、星達が集う場所。
それはまるで、川が光を反射しているような。

天の川だ。

吾輩もヒートも、あまりの美しさに立ち上がり、星々を見つめていた。

ノハ*゚⊿゚)「きれーだなぁ……」

( ФωФ)「……うむ」

吸い込まれそうな星々の瞬きに、目も、体も、心も奪われた。
ヒートに強制的に誘われた時は、またかとうんざりしていたが。
これはこれで、良い物であるな……

ノハ*゚⊿゚)「ね、ロマ」

( ФωФ)「なんであるか?」

ノハ*゚⊿゚)「織姫と彦星、会えたかなぁ?」

( ФωФ)「うむ あの星とあの星が織姫と彦星であるな」

ノパ⊿゚)「?? 二人とも、川の向こう側にいるのか?」

( ФωФ)「そうであるな」

ノパ⊿゚)「それじゃ会えないじゃんか!」

それはまぁ、星は動かないから仕方ないのである。
そう言おうとした時。

(;ФωФ)「うおっ」

ノハ*゚⊿゚)「こーすれば、天の川を渡れるねっ」

ヒートが吾輩の手を取り、夜空へと掲げた。

繋がり合う両手は、天の川を渡る橋のように。

まったく、やっぱりお前は、子供であるな。
でも今日ばかりは織姫と彦星の顔を立てて、付き合ってやるのである。


天の川に架けられた、吾輩とヒートで作り上げた橋。


この橋を渡り、織姫と彦星も、吾輩達のように手を繋ぐことができただろうか。


それは果して、吾輩にはわからないことではあるが───


ノハ*゚⊿゚)


ヒートは間違いなく、二人が逢えたと思っていることだろう。


終わり。






あとがき

読んでくれた方、ありがとうございます
芸さんの七夕企画が離れていた時に終わってしまっていて、
乗り遅れ気味に七夕ネタで書きました
あれは規定100行だった気がするけど、投稿用じゃないしいいかなー?

長くなれば投下しようと思ったけど、なんとなく書いたら150行で終わりました

夏のこういう、お約束的なの大好きです
夏以外のお約束も大好きです

思春期、微妙な年頃のなんかむずむずやら初々しさやらを出せれたかなぁ?
もうちょっとリハビリしたいから短編色々書きます

ありがとうございました
【 2009/07/29 】 短編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。